肝疾患診療連携拠点病院とは

「肝疾患診療連携拠点病院」は肝疾患診療の中心的役割を果たすために、都道府県から指定された病院です。東京都では虎ノ門病院と武蔵野赤十字病院の2施設が指定され、この2拠点病院が中心となり、かかりつけ医および専門医療機関と連携して地域の診療体制を構築しています。

拠点病院内に『肝疾患相談センター』を設置し、肝疾患に関する様々な情報の収集と発信を目的として、患者さまや地域住民のみなさま、また医療従事者を対象に相談支援や講習会・研修会を行っています。

お問い合わせ

肝臓について気になる方はお気軽にご相談下さい

平日(月〜金)9:30〜16:00

5月1日(赤十字創立記念日)および12月29日~1月3日はお休み

肝疾患相談センターは事務局内で電話相談を行っているため、直接お越しいただく窓口はございません。
まずはお電話にてお問い合わせください。