C型肝炎地域連携パス

未受診・未治療のC型肝炎患者を救い上げ、受診・治療に結び付けるため、またC型肝炎治療後の患者が、万が一肝癌などを発症しても、早期発見・早期治療へ結び付けるために、C型肝炎地域連携パスの運用を行っております。

詳しい概要は東京都福祉保健局のホームページをご覧ください。

東京都福祉保健局

C型肝炎地域連携パス(肝臓手帳)運用方法

登録対象患者

治療の有無にかかわらず、C型肝炎ウイルスキャリア患者、C型慢性肝炎患者、C型肝硬変患者、C型肝炎を基礎疾患とする肝がん罹患患者を対象とする。

かかりつけ医

対象と考えられる患者を肝臓専門医療機関に紹介する。また、逆紹介された患者に対し通常診療を行う。

肝臓専門医療機関

対象患者に対し、地域連携パスについて説明する。了承を得られたら、手帳を発行し患者に携帯していただく。附属のはがきを記載し、東京都肝疾患診療連携拠点病院(23区内:虎の門病院、多摩地区:武蔵野赤十字病院)へ郵送する。

東京都肝疾患診療連携拠点病院

年一回(12月ごろ)連携状況を確認するため、肝臓専門医療機関に対し、登録患者の状況調査を依頼し、結果を回収する。集計結果を3月ごろに、地域連携パス協議会でかかりつけ医へ、また郵送により肝臓専門医療機関に報告する。

※ パス使用に際して、患者に対する特別な診療は必要ない。

地域連携パスの運用(医療機関間)の流れ

C型肝炎地域連携パスの追加送付をご希望の専門医療機関様へ

問い合わせ先

メールkanzosokai@musashino.jrc.or.jp
電話、Faxでの問い合わせ : 0422-32-0012(9:00-17:00 、土日祝除く)

お問い合わせ

肝臓について気になる方はお気軽にご相談下さい

平日(月〜金)9:30〜16:00

5月1日(赤十字創立記念日)および12月29日~1月3日はお休み

肝疾患相談センターは事務局内で電話相談を行っているため、直接お越しいただく窓口はございません。
まずはお電話にてお問い合わせください。